奄美の郷土料理「鶏飯」のご紹介と奄美のゴマ

今日はちょっと畑から離れて
奄美大島の郷土料理「鶏飯」(けいはん)のご紹介です
奄美の人に郷土料理は?と聞けば100人に99人はこの鶏飯を思い浮かべると思います
それほど奄美に根付いている料理です
画像はこちら
160824-5
見た目はお茶漬けです
まずはご飯の上に鶏ササミ肉を裂いたもの、しいたけ、錦糸卵、のり(この画像ではあおさのり)、ミカンの皮
などを乗せてから上に地鶏ガラで出汁をとったスープをたっぷりかけていただきます
夏の暑い時期にちょっと食欲ないかな~なんてときはこれが一番いいです
さらさらっといけますからね
今回 何故この郷土料理をご紹介したかと言うと
私の仲良くしていただいている奄美のお寿司屋さん「美波鮨」(みなみずし)さんが
この鶏飯の冷凍タイプを作っており
明日8/25の「秘密のケンミンショー」で紹介されるということです~(゚д゚)
すごーい
160824-4
ということで
これに合わせて販売のお手伝いをすることになりました
ちょっと値段は高いですが
興味のある方はぜひ一度食べてみてください!
私も試食させていただきましたが、このスープが鶏としいたけの出汁が濃くてとってもおいしかったです
購入はこちらから
http://aifarm.theshop.jp/
私のお店「あい農園ショップ」です
宣伝はこれくらいで
タイトルにあるゴマのお話
奄美大島の隣に喜界島(きかいじま)という島があります
名前だけ聞くと凄いですが、この島がとっても農業に力を入れている島なんです
この島で盛んに栽培されているのがゴマで、生産量なんと日本一!
すごいです!
とっても小さな島なんですけどね
さて
この島で生産されているゴマを奄美でも作っている方がいて
収穫したばかりのものがあったので写真を撮らせてもらいました
160824-2
遠めで見るとなんだか分かりませんが
もう少し近くで
160824-1
160824-3
この実のようなものの中にたくさんゴマがつまっていました
このまま乾燥させてからブルーシートに叩いてゴマを取り出すそうです
このゴマがそのまま種になるみたいで
1本もらってきたのですが
種をまいてから3ヵ月くらいで収穫できるみたいです
しかも今から撒いてOKとのこと
たくさん作る方は2期作するんだそうです
撒いてみようかとも思いますが
急に言われても畑に植える場所を作るところからですので
現在栽培するか悩み中です・・・
山仕事もあるしな~
ではまた~
奄美の小さな果樹畑
あい農園

あいファームショップ

今が旬の奄美のフルーツや、郷土料理「鶏飯」を取り扱っているあいファームショップをぜひ覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です